木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

鶴屋


7年ほど前の事。10本しか制作しなかった販売価格が10数万円するブラックフォーマルバッグがありました。表生地に漆箔の高級な西陣織を用いた自慢の逸品でした。

10本のバッグは日本各地の百貨店にある取引先の売り場で販売される事となっていましたが、都内の百貨店を覗いてみてもそのバッグと巡り会える事はありませんでした。旅先で偶々覗いてみた、とある大きな百貨店。その10本のうちの1本が売り場の棚に並んでいました。

「実はこのバッグの制作を担当させて頂いた東京の会社の者で、こんなに遠くでこのように販売して頂いている事が嬉しくなってしまって・・・」と言った感じに思わず販売員さんに声を掛けました。後日、取引先の担当者から「梅澤さん、旅行したでしょ?」と問われ、以後販売員さんに素性を明かして接することは絶対しないようにと注意されました。本来、表に出てはならない「製造卸」の立場を改めて思い知らされ、業務上してはいけない事をしてしまった自らの浅はかさを反省。以後、売り場でどんなに嬉しい光景が広がっていても、販売員さんと込み入った話をする事は我慢しています。

その百貨店。熊本にある鶴屋百貨店と言います。

本当に大きな、館内に入ると思わず楽しくなってしまうような雰囲気の百貨店です。先日の地震以降、館内点検等の影響で営業再開の目処が立たない状況が続いているそうです。

長い事、九州地方に個人的に縁があり、九州では大きな地震は起こらないと理由もなく思い込んでいたその地でのまさかの大地震。

鶴屋が一日も早く多くの人で賑い、一日も早く館内が多くの笑顔で溢れる日が訪れる事を願ってやみません。

#日常風景 #商品

最新記事

すべて表示

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい

アメ横の景色

仕事の道すがら、久々にアメ横を通り抜けました。 時節柄、これで正解なのでしょうが、予想以上に人が出ていません。あんなに歩きやすいアメ横は初めてでした。 今回ばかりは百貨店各社が拡大解釈をし始めて、営業再開に踏み切ろうとしているのも当然なのかも知れませんね。一部売場だけ営業していても、都内各所がこんな感じじゃ、商売上がったりで共倒れ。しかも国は助けちゃくれません。 今回のことで、潜在的な国力の差を見