木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

にぎわい


地元の駅前商店街にあるスーパーマーケットが改装工事のため3週間ほど休業していました。

いつも混んでいる繁盛店なのですが、休業前の売り尽くしセールは驚くほどの大変な賑いで、商店街の細い路地が自転車や歩行者でごった返したほどでした。

そして休業。

これまでの賑いが幻だったかのように、人通りが寂しくなりました。

駅へと続く道であるにも関わらず日中の人通りがまばら。

スーパーマーケットの周りにある個人商店もこれまで以上にひっそりしてしまっています。スーパーマーケットが如何に商店街に「客」を集める「顔」だったのかと思い知らされた光景でした。

そもそもこの店は、個人商店がスーパーマーケットとなり、ある時期は青山に本店があるハイセンスな高級スーパーマーケットの支店にもなっていた場所。地元の雰囲気にはマッチしていなかった高級スーパーから城南地区を中心に多くの店を出すスーパーへと経営が移り今に至っています。しかし店舗の構造ははじめの個人商店スーパーマーケットのまま。上りしかないエスカレーターでまず2階の売り場に上がり、エレベーターを使って1階に降りて会計を済ませると言う特殊な構造をしていて、そこにもメスが入る大改装となるのか、3週間も掛けてのリニューアル工事の中身にも注目をしていました。

先週の土曜日、リニューアルオープン。

これまでの構造には結局メスが入りませんでしたが、同じ広さなのにこんなにも品揃えが増えるのか!と驚くほどにレイアウトが工夫され、より買い物しやすい店へと改装されていました。

当然の事ながら、賑い復活。商店街の人通りも元に戻りました。

スーパーマーケットが地元商店街には無くてはならない存在である事を痛感させられました。やはりこの賑いが見られないと街全体に活気を感じられません。

賑いの中心となるスーパーマーケット。商売をする者として、やはり「中心」にいて常に賑いを創設し続ける存在でありたいものです。

#日常風景

最新記事

すべて表示

祝 再開。

営業を休止していたミュージアムや映画館、動物園等が営業再開となりましたね。 祝。 そもそも黙って鑑賞するのが基本の場。 入場者数がコントロールされていて、ゆったりと鑑賞できそうで、良さげです。 休館が続いて、このまま会期終了となってしまうのでは?とやきもきしていた大型美術展のチケットを無事に入手出来、何か月か前に購入したアリーナでのライブチケットもそのまま「有効」となるようで、コンビニでチケットを

お注射

弊社社長とその妻(僕、四代目の両親)が日曜日に1回目のコロナワクチンの接種を終えました。 勿論、何件か発生している「社長だから!」的な特例接種ではなく、きちんと予約を取った上で、です。おかげさまで、かなり早いタイミングでの接種が叶いました。 接種箇所にちょっと痛みが出ているようですが、注射自体は全然痛くなかったようです。 僕は、同じく日曜日に高機能マスクを1枚買い足しました。来月上旬に配送される予

いま、思うこと。

ちょうど1年前の今ごろとは違って、 繁華街から人が消えることも、 電車ががら空きになることも、 取引先からの連絡が一切入らないことも、 取引先との荷物のやり取りがないことも、 まるで、ありませんね。 そりゃそうですよね、 生きていかなきゃならないんだから。 暮らしていかなきゃならないんだから。 色々な要請を無視するつもりはないですし、 様々な予防は万全にしますが、 自分の道を着実に進みます。