木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

未知なる道も歩き始めたモン勝ち


裂(キレ)を使ってハンドバッグを仕立てる職人の世界では、若手の成り手が多くなっている革を使ってハンドバッグを仕立てる革職人の世界よりもはるかにずっと高齢化が進んでいます。60代の職人が「まだまだ若いねぇ~、あと20年は出来るね!」と言われるような状況です。

そんな中、プレジールの仕事の担い手の中に40代で職人としての「モノづくり道」を歩み始めた者がいます。本人はまさか自分が職人としてモノづくりを始める事になろうとは思ってもいなかったようですが、早くもその奥深さと面白さに魅了され、日々ミシンと格闘しています。

一人前の職人になるためには少なくとも10年は掛かると言われているのですが、僕は実際に商品を使って下さるお客様が心から幸せな気持ちになって、満足して下さるような商品を手掛ける事が出来るようになったその瞬間から「一人前の職人」と名乗って良いと思っています。

職人は引退するその日まで修業が続きます。創意工夫を常にし続けなければなりません。ミシンの掛け方など場数を踏まなければ慣れる事は無い部分も多くあります。鍛錬する事で使えるテクニック、扱える素材も増えて行きます。様々に取り組む事で結果的にどんなオーダーにも全て応じる事の出来る職人になるへと成長し、その領域まで到達するためには10年単位の長い年月が必要になるかも知れません。

一人前になるのに10年も掛かるのならやらない方が良い!と決め付ける人が多いからこそ、どの業界でも職人と呼ばれる職業への成り手がほとんどいないような状況になってしまったのでしょうが、出来るところから一人前になればまずはそれで良いのです。最初の一歩を踏み出したモノ勝ちです。今の状況が変わらなければ、職人は近いうちに必ず絶滅危惧種となります。必ず重宝されます。

さて、職人の道を歩き始めたその彼ですが、一体今後どのような商品を生み出して行くのでしょうか…期待と不安が入り乱れますが、楽しみである事に間違いはありません。

#商品

最新記事

すべて表示

どっかで妥協。

弊社でバッグを制作させて頂く場合、1本からでもリクエストにお応え可能です。 1本の場合、コダワリのバッグを作るお手伝いをさせて頂く事が多くなるのですが、 さて、どこまでこだわるかをどこかで見極めなければならなくなるケースも起きてしまいます。 革は1枚単位で手配します。 バッグ1本の制作でも1枚。 取引のある、信頼のおける革屋さんから、バッグ制作に見合う良質な革を分けて頂く際の単位が「1枚〜」で、

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい