木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

ドイツ語のページを作りました。


日本の会社のウェブサイトに英語ページのみならず中国語、韓国語のページが作られているところも多くなって来ていますが、なかなかドイツ語のページを作っているサイトはないのでは無いでしょうか。

プレジールのサイトにドイツ語のページを作ってみました。

バッグ屋のサイトでは日本でうちだけかも知れません。

自分で英語ページを独訳したのですが、久しぶりに英独、和独、独和の各辞典を本棚から引っ張り出して、楽しみながら夢中になって訳しました。

(※間違っている箇所を見つけた方、是非お知らせください。)

学生時代は独訳したり、和訳をしたり、ドイツ人の先生の授業があったり、ドイツ語を使う機会も多くありましたが、社会に出てから20年弱。すっかりそのような事に取り組む機会も減りました。あんなに楽しく勉強したドイツ語、何度も通ったドイツともすっかり縁遠くなってしまっていましたが、先日、親友が天皇陛下のドイツ語通訳をしている姿をテレビや新聞で目にし、刺激を受けました。中学、高校の6年間ずっと同じ授業を受けて来たので、やれば出来るんじゃないか?と言う勘違いも始まりました。天皇陛下の通訳を務めるほどですから、日本で一番の日本人ドイツ語スピーカーと言っても良い親友には到底敵いませんが、でもあんなに一生懸命勉強をしていたドイツ語をすっかり忘れている状態にしているのが実に勿体無い。

これを機にドイツ語圏の方々からの問合せが増える事を願って、ドイツ語圏の国のどこかの町に取引先が出来る事を信じてドイツ語ページを作った次第です。日本の「伝統」にヨーロッパの方々が慣れ親しんで下さっている光景を想像すると自然と笑みがこぼれます。

自分で言うのも何ですが、ユニークなバッグ屋でしょ?どうぞこれからもご贔屓に・・・

#お知らせ

最新記事

すべて表示

プレジール通信第8号発行!

コロナ禍で、なかなか遠方の取引先の方々にお目に掛かる機会を持ちづらくなってしまった事をきっかけに、不定期にて発行を始めた「プレジール通信」。 第8号、本日5月25日、発行です。 今号では、夏の装いに合わせてお使い頂こうと、改めて弊社オリジナル商品「ミナレス合切袋シリーズ」の「TAMOTO」を紹介しています。 ネット上でお読み頂けるように各号のアーカイブを残してしてあります。 「プレジールのいま」ペ

「EDONO」とインスタの宣伝

弊社プレジールは、BASEと言うEコマースプラットフォームを使って「EDONO」と言うオンラインストアを開いています。ストアのウェブアドレスを見て頂くとお分かり頂けるように、粋な裂の商品を取り扱う「EDONO」。 正直なところ、まだまだあまり知られていないので、声高に!やっているよ!!と改めて宣伝させて頂きます。 この「EDONO」で取り扱う商品とインスタグラム(@plaisir.bag)に掲載し

「プレジール通信 第4号」発刊しました。

連日、猛烈な暑さに見舞われている東京なのですが、どうやらこの猛暑も明日あたりまで、と言う天気予報を耳にして、少し安堵しています。皆さま、如何お過ごしいらっしゃいますでしょうか? 今年の夏は、外出時のマスクが必須な上に、この暑さ。 筆者(四代目ウメオ)は、新陳代謝が良く、かなりの汗っかきな体質ゆえ、今年の夏は、「日傘」をついに購入し、使用しています。更に、傘屋さんでその日傘を選んでいた際にインタビュ