木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

利休バッグもオーダーメイドで。

このところ、偶然にも個人のお客様から利休バッグのオーダーメイド制作をご依頼頂く事が多くなっています。

お客様お手持ちの帯地を利休バッグに仕立てさせて頂くのですが、「1本から作って頂けるの!」「そんなにお安いの?」「大きさも選べるの?」などと打合せ段階からお喜びの声を頂いています。

勿論、完成したバッグを手にしたお客様からは「お願いして本当に良かったわ!」と言うお喜びの声も頂いております。

先日数本の利休バッグをお作りしたお客様は、そのうちの1本をお付き合いのある皇室の方へのプレゼントとして使って頂けるとの事で、大変驚くと共に大変光栄に思いました。

取引先を通じて、クラッチタイプの和装バッグを長年にわたり皇室の方々向けにお作りさせて頂いていますが、まさかプレゼントとしてお使い頂けるとは!


このように、プレジールでは個人のお客様からのオーダーメイドバッグ作りもお請けしています。

1本から可能です。

可能であれば、東京・世田谷にある弊社オフィスまでお越し頂き、ゆっくりと打合せをさせて頂いた上で、あなただけの世界に1本だけのハンドバッグを制作させて頂きます。


ご興味のおありの方、どうぞお気軽に弊社までお問合せ下さい。

最新記事

すべて表示

どっかで妥協。

弊社でバッグを制作させて頂く場合、1本からでもリクエストにお応え可能です。 1本の場合、コダワリのバッグを作るお手伝いをさせて頂く事が多くなるのですが、 さて、どこまでこだわるかをどこかで見極めなければならなくなるケースも起きてしまいます。 革は1枚単位で手配します。 バッグ1本の制作でも1枚。 取引のある、信頼のおける革屋さんから、バッグ制作に見合う良質な革を分けて頂く際の単位が「1枚〜」で、

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい