木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

海へ


海が見たいなぁ、と京急に乗り逗子へ。

新逗子駅からは葉山へ行くバスに乗り込みました。

駅を出て暫くすると、海沿いに出たバス。

バスの車窓に続く家々の中にポツン、ポツンと洒落たカフェや昔ながら雑貨店などが見えて来て、歩道も無い細い道を大型バスが行き交うシーンも何だか非日常でスリリングです。

駅から10分ほどでバスを降りたのは「森戸神社」。

森戸大明神と言う名のこの神社。

好きな神社の一つで度々訪れているのですが、本堂の裏手は磯となっています。

写真の左に小さく写る灯台が見えますか?石原裕次郎さんゆかりの「裕次郎灯台」です。

その先には歩いて潜る事の出来ないであろう鳥居も小さく。見えますかねぇ・・・


冬場は空気が澄んでいて、遥か彼方まで見渡す事が出来ます。

右手には江ノ島、その後方左にはうっすらと富士山。

「絶景かなぁ~」と思わず声に出してしまいそうな景色はパワフルでリフレッシュ効果も絶大です。


森戸神社のすぐ横には森戸海岸。

海岸からほど近くにクルーザーが停泊していました。

加山雄三さんがギターを片手に船内で料理をしながら歌っていそうです。

葉山ですからね。

その周りをヨット部なのでしょうか、「日本大学」と書かれたヨットがシュシュシュと海上を滑るように湧いて来て、あれよあれよと言う間に浜辺に上陸。

これならば、小さく写る江ノ島へもあっと言う間にアクセス出来そうです。

#季節プライベート

最新記事

すべて表示

お役所

ちょっと調べ事があって役所へ行ったのですが、 今や、来庁者を「お客様」と呼ぶんですね。 ちょっと違和感。 その割には、 これまで通り、イメージ通りの お役所的対応で、 そのギャップに益々違和感を感じました。 庁舎を出てから思いっきり深呼吸しましたよ、 マスク越しに。

がっさいぶくろ

遅くともこの日までには…と言う期日より、 1ヵ月ほど早く仕立て上げる事の出来た「合切袋」を宅配便で発送出来ました。 四代目自らが仕立てた「合切袋」。 今日は、昨日以上にホッと出来ています。 どんな風にディスプレイされて販売されるんだろう… チラッと覗いて見たい気持ちでいっぱいです。 そもそも、実店舗で販売される商品なのかどうか、すら知りませんが… #合切袋

だら

25日までに投函しなければならない書類の投函を午後イチで済ませる事が出来て、 ホッとし、 もう今日はだらけてしまおう… と言う気持ちになったのも、 束の間。 納品期日のある商品の制作を進めています。 進めてはいるものの、 正直なところ、 ほんの少し だらけ気味な四代目です。