木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

ズズ、ズズズ

花粉に悩まされている方々は大変な時期をお過ごしのことと思います。

何が良かったのか、

針治療なのか、

サプリメントなのか、

煙草も酒も嗜む習慣がそもそもなく、

夜は直ぐさま眠くなるので夜更かしする事が無いためなのか、

いずれにしても、いつからか僕は花粉症に悩まされる事が全くなくなりました。

公共交通機関を利用すると、あちこちから鼻をズズ、ズズズとすする音が聞こえて来ますね。

僕はドイツが趣味で、これまで10数回ドイツへ行っていますが、ドイツでは、いつでもどこででも「チン!チーーン!!」と老いも若きも、男性も女性も、物凄い音を立てて鼻をかむのが当たり前で、慣れるまで毎度結構ビックリするほど大々的に鼻をかんでいる光景を良く目にします。反対に、ドイツで鼻を「ズズ、ズズズ」としようものなら、物凄いしかめっ面で睨まれたり、全く知らない人からも「ティッシュを持ってないの?あげようか?」と話掛けられる事すらあります。ドイツでは、鼻をすする「ズズ、ズズズ」は物凄くマナーの悪い行為の一つなのです。

花粉症の方にとっては、鼻はとめどなく出るし、鼻をかむと肌が荒れるし、どうしようもない!と言う感じに違いないとは思うのですが、確かに鼻をすする「ズズ、ズズズ」な音はかなり耳障りで、僕も苦手。うっかり、「ズズ、ズズズ」な人をちらりと見てしまう事すらあります。

この時期日本を訪れたドイツ人は、あちこちで「ズズ、ズズズ」と鼻をすする音に顔をしかめていることでしょうね。「ティッシュ、あげましょうか?」と英語で話し掛けている人もいるだろうな。

あまりに不快になり過ぎて、日本が嫌いになったりしやしないか、少々心配です。

ドイツの皆さま、日本の花粉症の煩わしさに多少なりとも、どうぞご理解を。

最新記事

すべて表示

いま、思うこと。

ちょうど1年前の今ごろとは違って、 繁華街から人が消えることも、 電車ががら空きになることも、 取引先からの連絡が一切入らないことも、 取引先との荷物のやり取りがないことも、 まるで、ありませんね。 そりゃそうですよね、 生きていかなきゃならないんだから。 暮らしていかなきゃならないんだから。 色々な要請を無視するつもりはないですし、 様々な予防は万全にしますが、 自分の道を着実に進みます。

鯉のぼり

週末、郊外を走る電車に乗っていて、車窓に「鯉のぼりが出ている家」を何軒か見つけました。 もうだいぶ前から、防犯上の理由で鯉のぼりを外に出す家が激減していると聞いており、世知辛さを感じていました。日本ならではな風習がこうやって姿形を変えて行くんだな、とも感じていたので、何となく安堵する風景に思えました。 都内の住宅街では立派な鯉のぼりを見る事がほとんどないように思えますが、薫風に吹かれている鯉のぼり