木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

ズズ、ズズズ

花粉に悩まされている方々は大変な時期をお過ごしのことと思います。

何が良かったのか、

針治療なのか、

サプリメントなのか、

煙草も酒も嗜む習慣がそもそもなく、

夜は直ぐさま眠くなるので夜更かしする事が無いためなのか、

いずれにしても、いつからか僕は花粉症に悩まされる事が全くなくなりました。

公共交通機関を利用すると、あちこちから鼻をズズ、ズズズとすする音が聞こえて来ますね。

僕はドイツが趣味で、これまで10数回ドイツへ行っていますが、ドイツでは、いつでもどこででも「チン!チーーン!!」と老いも若きも、男性も女性も、物凄い音を立てて鼻をかむのが当たり前で、慣れるまで毎度結構ビックリするほど大々的に鼻をかんでいる光景を良く目にします。反対に、ドイツで鼻を「ズズ、ズズズ」としようものなら、物凄いしかめっ面で睨まれたり、全く知らない人からも「ティッシュを持ってないの?あげようか?」と話掛けられる事すらあります。ドイツでは、鼻をすする「ズズ、ズズズ」は物凄くマナーの悪い行為の一つなのです。

花粉症の方にとっては、鼻はとめどなく出るし、鼻をかむと肌が荒れるし、どうしようもない!と言う感じに違いないとは思うのですが、確かに鼻をすする「ズズ、ズズズ」な音はかなり耳障りで、僕も苦手。うっかり、「ズズ、ズズズ」な人をちらりと見てしまう事すらあります。

この時期日本を訪れたドイツ人は、あちこちで「ズズ、ズズズ」と鼻をすする音に顔をしかめていることでしょうね。「ティッシュ、あげましょうか?」と英語で話し掛けている人もいるだろうな。

あまりに不快になり過ぎて、日本が嫌いになったりしやしないか、少々心配です。

ドイツの皆さま、日本の花粉症の煩わしさに多少なりとも、どうぞご理解を。

最新記事

すべて表示

四万六千日

今日と明日、浅草寺は「四万六千日」と言う縁日。 この時にお参りすれば46000日分の功徳を得られると言われています。 例年行われる「ほおずき市」は今年も中止となりましたがね、四万六千日の時のみ頂ける雷除と言う特別なお守りも頂きに四代目は浅草へ。 浅草へ行く度、外国人観光客が入国出来ないとこんなにも浅草の町全体がガラーンとしてしまうのか、と言う事に驚かされます。 今日もそう。 五輪で来日される選手や

祝 再開。

営業を休止していたミュージアムや映画館、動物園等が営業再開となりましたね。 祝。 そもそも黙って鑑賞するのが基本の場。 入場者数がコントロールされていて、ゆったりと鑑賞できそうで、良さげです。 休館が続いて、このまま会期終了となってしまうのでは?とやきもきしていた大型美術展のチケットを無事に入手出来、何か月か前に購入したアリーナでのライブチケットもそのまま「有効」となるようで、コンビニでチケットを

お注射

弊社社長とその妻(僕、四代目の両親)が日曜日に1回目のコロナワクチンの接種を終えました。 勿論、何件か発生している「社長だから!」的な特例接種ではなく、きちんと予約を取った上で、です。おかげさまで、かなり早いタイミングでの接種が叶いました。 接種箇所にちょっと痛みが出ているようですが、注射自体は全然痛くなかったようです。 僕は、同じく日曜日に高機能マスクを1枚買い足しました。来月上旬に配送される予