木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

きれいさっぱり

サラリーマンをしていた時に勤めていた会社の事務所が入るビルは、アメリカ大使館の斜め前にあって、何だか物々しい雰囲気と隣り合わせな感じでした。打って変わって、ビルの裏にはトタン作りで戦後の雰囲気満載の美味しいうどん屋がある路地があったり、都心でありつつも、のんびりした雰囲気が漂っていました。

今朝、セミナーがあって訪れたのはそのビルの直ぐそばの複合ビル。商業施設やオフィスだけでなく、ホテルにコンサートホール、テレビ局もあるので、本当に複合的。昼休みにランチをしたり、立ち読みをしたり、クリニックに行ったり、春には花見を楽しんだりした場所で、懐かしい思い出が次々に思い出されました。が、しかし!ビルの中はすっかりリニューアルされ、当時ランチを楽しんでいた店は全て無くなっており、物凄く洒落た雰囲気に改められていました。日本橋にある、大行列大人気の天丼屋まで入っていて、あれから20年…大きく様子は変わるもんです。

懐かしさのあまり、辞めた会社が入っていたビルも見に出掛けてみると、緑豊かな、洒落た超高層ビルに建て替わっていました。うどん屋があったはずの路地もなくなり、あたり一帯がキレイさっぱり、新しい街に生まれ変わっていました。

都心の一等地、そりゃそうだよね…変わるもんです。

でもアメリカ大使館と、そのそばにある坂道周辺は当時のまま。

当時、会社の副長と共にオフィスの窓から外を眺めていたら、その坂道を、同僚と先輩が肩を組んで仲睦まじく上がって行く姿をたまたま目にしてしまい、

「おい!ウメ!!あの2人は付き合ってんのか?!お前、何とか別れさせろ!」と怒り気味に。

そんな無理難題をやんわりと上手く断った思い出までも思い出されました。

その同僚と先輩、今は結婚をして幸せに暮らしているので、副長の指令通りに動かなくてほんと良かったのですが、副長の指令通りに密かに動けるような人が、会社の中ではどんどんと出世するような人材なのかも知れませんね。

最新記事

すべて表示

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい

アメ横の景色

仕事の道すがら、久々にアメ横を通り抜けました。 時節柄、これで正解なのでしょうが、予想以上に人が出ていません。あんなに歩きやすいアメ横は初めてでした。 今回ばかりは百貨店各社が拡大解釈をし始めて、営業再開に踏み切ろうとしているのも当然なのかも知れませんね。一部売場だけ営業していても、都内各所がこんな感じじゃ、商売上がったりで共倒れ。しかも国は助けちゃくれません。 今回のことで、潜在的な国力の差を見