木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

TASK一般審査会のお知らせ


久しぶりのブログ更新となってしまいました。

都内では紅葉が見ごろ。

皇居では、乾通りの一般公開も行われています。いやぁ、様々な秋の風景を楽しめましたよ。


皇居乾通りにて

さて、仕事のお話を。

プレジールは世田谷で営業をしていますが、実は荒川区に本社がある、荒川区の会社です。

いわば、山の手の下町企業。

そして、この度。弊社オリジナル商品minalles(ミナレス)が荒川区をはじめとした下町各区のお力添えを頂いて、合切袋が持つスタイリッシュさと使い勝手の良さをそのままに、装いを問わず、世界中で使って頂ける商品に生まれ変わりました!

ご紹介させて頂きますね。

台東区(T)、荒川区(A)、足立区(A)、墨田区(S)、葛飾区(K)の下町5区は、共同でものづくり産業活性化を目指した事業「TASKプロジェクト」を行っています。TASK主催のデザインワークショップ「TASK交流会」への参加が決まったことを契機に、今回の新商品の開発は始まりました。

計4回のワークショップでは、デザイナーの先生方、各区の担当者、参加者も交え、どのような商品を作り上げていくかをじっくりと検討。弊社担当デザイナーの先生方には個別にも相談にのってもらい、商品を作り上げていきます。

そして、

①A4サイズのファイルも楽々入れられる大きさにし、「縫い返し」の縫製の特長を存分に発揮できるようにリバーシブルでお使い頂けるようにしたほか、手提げバッグとしても、肩掛けトートバッグとしてもお使い頂ける「Docchimo(ドッチモ)」

②昔ながらの合切袋の雰囲気を残しつつも、魚をモチーフに、尾びれ部分を小物入れに見立てて可愛らしさも表現し、巾着袋として、また手提げバッグとしても使える「toto(トト)」

③合切袋を背負うことが出来ないの?というお声を多数頂戴していたのですが、そんな声にお応えすべく、ワンショルダーリュックサックとして、巾着バッグとして、また手提げバッグとしてもお使い頂ける「Shotte(ショッテ)」

の3商品を完成させることが出来ました。


上からドッチモ、ショッテ、トト。minalles

いかがでしょうか。これが合切袋?!と思って頂けたとしたら、狙い通りです(笑)

合切袋ならではな、紐を通す部材「コキ」を使い、またプレジールの合切袋の大きな特長である、外側に一切縫い目が出て来ない「縫い返し」の縫製方法もそのまま。この縫製方法のおかげで、リバーシブルタイプや尾びれをモチーフにしたポケットの作成も可能になりました。

他にはない、楽しい商品が出来たのでは?と自負しています。

これらの新商品はTASKものづくり大賞にエントリーしています。

応募商品の中から入賞作品に選べれると来年2月に東京ビックサイトで行われる「東京ギフトショー」への出品が叶います。

ものづくり大賞入賞商品は専門家の方々による審査のほか、一般の方々による投票で決まります。

一般の方々による投票は12月9日(土)に代々木公園で行われる一般審査会で可能です。

審査会は代々木公園内NHKホールそばのプロムナードにて、9日朝10時~14時まで開催!

ぜひ、minallesの新商品を見に、投票

#商品リメイク #お知らせ

最新記事

すべて表示

パワポ

持ち時間7分で、 プレゼンをする機会がやって来る事となりました。 本格的なプレゼンなんぞした事のない四代目。 しかも録画公開が前提のプレゼン。 「衣装」も考えなければなりません(笑) どんなものなのか、と今から楽しみにしています。 プレゼンと言えば、パワーポイントかな?と、 まずはパワポをいじり始めたのですが、 実に面白い。 どんどんページが出来ています。 言いたい事、 伝えたい事を、 分かりやす

前へ進め!

展示会に向けた制作のご依頼とか ネットショップオープンに伴う制作のご依頼とか 新たな取り組みに向けた制作のご依頼とか 前向きなご依頼が立て続けに頂いていて 有難い今日この頃です。 ウイルスさんの状況は刻々と変わっており 感染対策をしっかりして なかなか「終わり」が見えづらい中を 探り探りでも前進して行かねば どうにもならないですもんね。 有限会社プレジール、 制作面でしっかりサポートさせて頂きます

まずは、確認

金具や口金を使ったバッグ制作のご相談を頂くと、 まず、 金具屋さん、口金屋さんはやっているか? を確認し、 やっていたとしても、 分業制が取られている金具・口金業界なので、 その金具や口金を作り上げられる体制にあるのか? を確認、 それからやっと 具体的な話を取引先と進めて行ける、 と言った状況になっています。 目下、弊社が欲しい金具に飾りを彫る作業をして貰えるか、 金具屋さんによるプレス屋さんへ