木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

ラストラン


当選おめでとうございます!

と、招待状が届いて以来、指折り数えて楽しみにしていた3月12日。

上野にある車庫から乗り込み、ゆっくりと走り出した臨時特別列車は、銀座線から丸ノ内線へと直通運転され、中野富士見町にある工場まで最後の運行を行いました。


非常口から電車に乗り込みました。

1編成目が登場してから33年。最後まで残っていた銀座線の銀色の車両(01系)が引退する事を記念して催された「01系ラストランイベント」。

幸運にも抽選に当選、夢のような時間を過ごしました。

検車区の皆さんが手を振って列車を見送るなか片道切符で走り出した01系は、ノンストップで地下を疾走。


検車区の職員の方々もお見送り。

途中、多くの駅で駅員さんたちやファンの人たちが列車を見送っていた光景も印象的でした。

中野工場到着後、東京メトロのヘルメットを渡されて始まった丸ノ内線の工場見学。

こう言った点検、整備が行われるおかげで、当たり前のように、安全運行される電車に安心して乗る事が出来る訳ですね。


続いて、鉄道写真家中井精也さんによる写真撮影レクチャー。

青空のもとでの、最後の撮影会。

線路上を歩き、見上げるような形、真横から、真正面から。様々な角度から撮った写真は200枚以上にもなりました。




中井精也さんとも一緒に記念写真。


運転室にも入れて貰い、撮って貰った記念写真はこんな感じ。何だかドヤ顔です。


まるでテレビ番組「タモリ倶楽部」のように進んで行ったイベントの最後には実際に01系で使われていたつり革の持ち手2個と銀座線風呂敷、01系のイラストが描かれた特製サランラップのお土産まで。持ち手2個と風呂敷でトートバッグが作れるようになっていた事に、職業柄、ほほぉ~と感心、新たな意外なヒントも貰えました。

今回最後に引退し、ボクが乗せて貰った列車は1991年に作られた車両。ボクが高校3年のときに生まれた車両です。

まだまだ若造じゃないか・・・

寂しさも感じられる引退ですが、このイベントを通じて、現場でも、乗客からも、ファンからも愛されていた車両だった事が改めて良く分かりました。

本当に心から楽しませて貰ったイベントに参加でき、あの一日が一生の思い出の一つとして心に刻まれた事は間違い有りません。東京メトロの皆さん、本当にどうも有難うございました。

あ~楽しかった!

#趣味

最新記事

すべて表示

大回り乗車

暫くぶりのブログ更新となります。 変わらず、元気に過ごしているのですが、 変わらず、仕事にいそしんでおりますが、 仕事に関することで公表できる事象があまりにも少な過ぎ、 さて何を書いて更新したものか…と考え始めたら、ペンが全く進まなくなりました。 更新をほったらかしたままにすると、ペンは益々進まなくなる一方だと思うので、 思いの向くまま、またつらつらと、他愛もないことも含めて不定期に綴ってみようと

ネットでメガネ。

気分を変えたくて、新しいメガネが欲しくなりました。 ある日、自分の顔写真をダウンロードするとメガネの試着出来、その画像が即座に見れるメガネ店のサイトを発見しました。メガネ店に行ってメガネを試着して見ても、鏡にかなり近付かないと自分の姿を確認出来ないほどの近眼である四代目。 なんて便利なんだ!と嬉しくなりました。 色々と試していたら、気に入ったものを発見。しかも格安です。 鯖江製やドイツ製のメガネが

歩いていこう

隣の駅の駅前にある銀行まで散歩。 散歩が気持ちの良い陽気になりました。 帰りは電車に乗るつもりでしたが、 改札口の行先表示板を見て、次の電車まで「9分」ある事が分かり、また歩く事に。 歩いていると気付く事が沢山ありますね。 風景や季節は勿論のこと、頭の中も自然と整理されて行きます。 芸人の有吉くんが都内を歩き回って楽しんでいると話しているのを聞いて刺激となったのか、更に歩く事を楽しんでいる今日この