木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

一般参賀



明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

正月2日。

今年も皇居で行われた一般参賀に出掛けました。

桜の季節ともみじの季節に行われる乾通りの通り抜けで皇居の中を歩く事が出来るようになった事で、有難い空気感、雰囲気、パワーが皇居内に満ち溢れている事に気付かされたのが一昨年か一昨々年のこと。正月の一般参賀にも足を運んでみようと思うようになったきっかけです。

桜田門から皇居前広場へと入り、二重橋を渡って宮殿長和殿へと歩みを進めて行くのですが、始終心穏やかに時間を過ごせます。

皇族方がお出ましになられ、天皇陛下から新年のお言葉を賜り、それをじっと拝聴しているとジワーっと温かな気持ちにもなります。

「天皇陛下万歳~っ」と言う声が場内あちこちであがり、それには上手く馴染めない自分もいるのですが、新たな年のスタートを晴れやかに切るには絶好の場のように強く感じています。

今年は9万人を越える参加者がいたようですね。

僕もそのうちの一人。

天皇陛下のお言葉に心から有り難さを感じる事の出来る年齢になって来たからこそ、毎年の一般参賀が習慣になりつつあるのかも知れません。

#季節プライベート

最新記事

すべて表示

四万六千日

今日と明日、浅草寺は「四万六千日」と言う縁日。 この時にお参りすれば46000日分の功徳を得られると言われています。 例年行われる「ほおずき市」は今年も中止となりましたがね、四万六千日の時のみ頂ける雷除と言う特別なお守りも頂きに四代目は浅草へ。 浅草へ行く度、外国人観光客が入国出来ないとこんなにも浅草の町全体がガラーンとしてしまうのか、と言う事に驚かされます。 今日もそう。 五輪で来日される選手や

鯉のぼり

週末、郊外を走る電車に乗っていて、車窓に「鯉のぼりが出ている家」を何軒か見つけました。 もうだいぶ前から、防犯上の理由で鯉のぼりを外に出す家が激減していると聞いており、世知辛さを感じていました。日本ならではな風習がこうやって姿形を変えて行くんだな、とも感じていたので、何となく安堵する風景に思えました。 都内の住宅街では立派な鯉のぼりを見る事がほとんどないように思えますが、薫風に吹かれている鯉のぼり