​■職人さん(国内協力メーカーさん)を探しています。

弊社プレジールでは裂地バッグや小物などを作って下さる職人さんや国内メーカーさんを長いこと探し続けています。
 

どの業界でも同じ事が言われていますが、特に裂地を扱える「バッグや小物の職人さん」は猛烈なスピードで高齢化が進み、「若いと言われる職人さんが60~70代」と言ったほどに後継者が不足しているような状況です。

職人になるならサラリーマンになる方が良い、

職人をするなら生活保護を貰った方が良い、などと言う声が大勢を占め、

「職人を探すなんて時間の無駄だ!」とまで言われましたが、本当にそうでしょうか?

どこかで職人を募集していないだろうか、と検索をされて、このページにアクセスをして下さった「あなた」も心のどこかで同じような事をお思いでしょうか。

日本製の、職人さんが丹精込めて手掛けた商品に対する需要は年々増加しています。

「中国で作っている商品を再び日本で作りたい」とお問い合わせ頂くケースも増えています。

2020年には東京でオリンピック・パラリンピック大会が開催され、東京を訪れる外国人の数も年々増加。日本製の商品に対する需要や注目度も益々増しています。

職人さんの腕次第でいくらでも状況は変わります、変えられます。弊社にはその自信があります。

弊社プレジールで手掛けた商品は、老舗和装小物店、老舗着物店、有名百貨店、有名セレクトショップなどに並び、多くのお客様が手にとって、気に入り、喜んで使って下さっています。

プレジールの商品作りを通じてあなたの技術をより向上させませんか?

あなたの自慢の技術を存分に振るって、一人でも多くのお客様もよりお洒落に、笑顔にして頂けませんでしょうか?

1本商品を作って工賃がいくら、と言う独立採算制の世界です。月給制ではありません。

面倒な事をするなら、生活保護を貰ってパチンコをしていた方が良いと考える職人さんが大勢いるのも理解は出来ます。

しかし、これまで培って来た技術を披露しないまままでいるのは勿体無さ過ぎます。

プレジールでは商品作りを職人さん1人に押し付けるような事は一切しません。

長い年月を掛けて蓄積させた弊社のものづくりのノウハウを惜しみなく伝授します。より効率良く高品質の商品を仕上げる事が出来るように工夫をし、お手伝いもします。

※よって

「技術泥棒」

「技術スパイ」

「秘密を守れない」と言った方々の応募は固くご遠慮願います。

 

プレジールと共にバッグや小物作りを未来へと紡いで行く事に興味を持って下さる方、

国内メーカーさん、

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。問合せ先に関する詳細は、こちら

特にこのような職人さんを探しています。

・革と裂地(きれ)を合わせたバッグ作りを得意とする方。国内メーカーさん。

・裂地バッグ作りを得意とする方。国内メーカーさん。

・懐紙入れや名刺入れ、財布など小物作りを得意とする方。国内メーカーさん。

​お問合せ頂けます事を心よりお待ちしております。

 

※プレジールの会社概要は、こちらです。

  • Instagram
  • Pinterestの
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon

ツイッター、ピンタレスト、Facebookページ、Instagram公開中。​フォローお待ちしております。

有限会社プレジール

本社:東京都荒川区東日暮里4-36-7

オフィス:東京都世田谷区桜丘4-17-12

Copyright 🄫有限会社プレジール Plaisir Co.Ltd.All Rights Reserved.