木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

曼殊沙華

今年の夏は本当に暑かったですね。

東京地方はここ数日で急に秋めいて来て、肌寒さすら感じるような陽気となりました。


この季節、急にあちこちで目にする「彼岸花(曼殊沙華)」。

皆さんがお住まいの地域でも、ひょろっと伸びるその姿が見られるのではないでしょうか?

弊社事務所のそばには、緑豊かな大きな都立公園があって、散歩するのに最適なのですが、

先日散歩をした際に木立ちの中でその「彼岸花」が群生している場所を見つけました。

一面の彼岸花!と言えるような規模では決してありませんが、

木々の中に鮮やかに咲く「彼岸花」は、とても目に付くものですね。

これまでほとんど気に掛ける事など無かったのですが、今年はこう言った草花に目が行くようになっています。

年齢のせいでしょうか…(笑)面白いものです。

明日から10月。

2020年もあと3カ月あります。

仕事面では引き続き色々とチャレンジしつつ、猛暑が続いて趣味の散歩どころではなかったので、あちこちをブララブしてみたいと考えています。




最新記事

すべて表示

四万六千日

今日と明日、浅草寺は「四万六千日」と言う縁日。 この時にお参りすれば46000日分の功徳を得られると言われています。 例年行われる「ほおずき市」は今年も中止となりましたがね、四万六千日の時のみ頂ける雷除と言う特別なお守りも頂きに四代目は浅草へ。 浅草へ行く度、外国人観光客が入国出来ないとこんなにも浅草の町全体がガラーンとしてしまうのか、と言う事に驚かされます。 今日もそう。 五輪で来日される選手や

鯉のぼり

週末、郊外を走る電車に乗っていて、車窓に「鯉のぼりが出ている家」を何軒か見つけました。 もうだいぶ前から、防犯上の理由で鯉のぼりを外に出す家が激減していると聞いており、世知辛さを感じていました。日本ならではな風習がこうやって姿形を変えて行くんだな、とも感じていたので、何となく安堵する風景に思えました。 都内の住宅街では立派な鯉のぼりを見る事がほとんどないように思えますが、薫風に吹かれている鯉のぼり