木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

名刺でツケ


大学卒業後にサラリーマン生活を送った会社は全国的にその名が知られた会社だったのですが、特に九州での知名度が抜群に高い会社でした。

「梅ちゃん。梅ちゃんの名刺ば中洲で見せたら、一見さんでもツケで呑ませて貰えるったい!」

上司からこんなびっくりするような事を言われ、半信半疑ならがらもこの名刺にそんな効力があるんだ・・・と驚くと共に責任を持って配らねばと思ったものです。実際に「名刺でツケ」を試す機会に恵まれないまま退職してしまい、少々残念に思っています。

家業を継ぎ、全国津々浦々様々な町のお客さんと話をする機会がありますが、九州のお客さんと話をする際は必ずサラリーマン時代の話を話題にします。

「実は僕、○○で3年半、サラリーマンをしていたんですよ!」

東京採用、東京勤務だったので、実際に九州で暮らす事は無かったのですが、それでも「へぇ~○○で!」と一気に話に花が咲きます。僕が仕事をしていた会社は、特に九州での暮らしにおいては色々なシーンで目にし、実際にお世話になる機会も必然的に多くなるような会社なのです。

勿論、弊社の商品サンプルを実際に見て頂きながら話をし、その仕事振りに十二分に納得頂いた上で仕事の依頼を受けることとなりますが、○○で仕事をしていた、と言うことも社員2人だけの小ぢんまりとした会社である弊社のことを信用して頂き、信頼して頂くためのエッセンスに少なからずなっているだろうと思います。

状況は異なりますが、今更ながら「名刺でツケ」はきっと本当に出来るなと感じます。

○○と言う会社名のネームバリューとその信頼の度合いの凄さに改めて驚かされもします。

「名刺でツケ」の助言をしてくれた上司は残念ながら数年前に急逝してしまったのですが、きっとあの世から「嘘じゃなかろう!」と誇らしげにニンマリと笑っているに違いありません。

#商品

最新記事

すべて表示

がっさいぶくろ

遅くともこの日までには…と言う期日より、 1ヵ月ほど早く仕立て上げる事の出来た「合切袋」を宅配便で発送出来ました。 四代目自らが仕立てた「合切袋」。 今日は、昨日以上にホッと出来ています。 どんな風にディスプレイされて販売されるんだろう… チラッと覗いて見たい気持ちでいっぱいです。 そもそも、実店舗で販売される商品なのかどうか、すら知りませんが… #合切袋

金偏に芳と書いて「かざり」と読みます。

制作のご依頼頂いている「合切袋」。 既に袋部分の縫製を終えていたので、 錺金具屋さんで作られた別注「コキ」を取り付ける作業に没頭した一日でした。 ある工夫をしないと金具が傷だらけになってしまうので、 そうならないように、慎重に「かなくる」作業。 無事に取り付けが終わり達成感で一杯です! 下戸なので、 麦茶をグビっグビっグビっと、 これから一気に飲み干そうと思います。 かんぱ~い!

パターンシートA3判!

柄取りの指定のある合切袋の制作をご依頼頂きました。 写真付きで「ココを使って!」と分かりやすく指示して下さっていて助かるのですが、どうやって切り出すのがベストかなぁと暫し思案。 ネットであたりをつけ、 ユザワヤで実品を確認し、 これがベストだ!と購入したのが、 「パターンシートA3判」と言う商品。 プラスチック製の透けているシートなので、 型紙として使えて超便利。 寸分違わず、スムーズに柄取り出来