木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

お国柄


先日、業界関係者向けのファッション関連の見本市に出掛けました。

百貨店や専門店のバイヤーも多く集まる見本市。700あまりのブースが並ぶ場内には国内外から多くの会社が「我が社の新製品や売れ筋お勧め商品」を携えて出展していて、効率的に「今」を知るには非常に刺激的です。

「いらっしゃいませ!」

「サンプル品をどうぞ!」

「新製品のバッグをご覧になりませんか?」

と、ブースの前で勧誘をする人々。

広い場内を隈なく見て回るには各ブースで足を止めるワケにはいかず、ブースの前を通り過ぎる恐らく2~3秒くらいの時間で、「おっ、この会社の商品は面白いな!話を聞かせて貰おう。」と言う判断をしなければならなくなります。

呼び込みも、ブースのデザインや商品の並べ方と共に、発信したり気を引く上で有効なのです。

しかし、なかにはこんなブースが数多く見られました。

ブース内に置いてある机に突っ伏して爆睡している。

スマートフォンにすっかり夢中になっている。

社員同士で喧々諤々の会話を楽しんでいる。

読書中。(読書の秋)

弁当食ってる。(食欲の秋)

一目で外国の会社である事がわかるブースだと、言葉の心配もあり益々通過せざるを得なくなります。そもそも展示されている商品自体に何の魅力も感じられません。

そんな近寄りがたいブースはほぼ全てが中国の会社のものでした。

国民性やお国柄がモロに出ていて、非常に面白く思えました。

売る気はあるのかなぁ。

無いでしょうね。(笑)

#日常風景

最新記事

すべて表示

どっかで妥協。

弊社でバッグを制作させて頂く場合、1本からでもリクエストにお応え可能です。 1本の場合、コダワリのバッグを作るお手伝いをさせて頂く事が多くなるのですが、 さて、どこまでこだわるかをどこかで見極めなければならなくなるケースも起きてしまいます。 革は1枚単位で手配します。 バッグ1本の制作でも1枚。 取引のある、信頼のおける革屋さんから、バッグ制作に見合う良質な革を分けて頂く際の単位が「1枚〜」で、

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい