木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

型紙も新たに


これまで制作を担当していた職人が高齢となり、新たな商品を制作する事が困難となってしまっていたアイテムがありました。

お茶会では必須の「懐紙入れ」。その中でも「数寄屋袋」と呼ばれる商品です。

以前はあちこちで、当たり前のように作られていたこの商品も、全般的に職人が高齢化し、また需要の減少と相まって、「作れない」「手に入れづらい」商品となってしまっているのです。百貨店や専門店等で同じスタイル商品を目にする事はありますが、僕らプロの目から見て、「昔ながらの本格的な作りだ!」と思わせるものは正直なところ少なくなって来ていました。

取引先から「まだ数寄屋袋を作れないのか?」と言う声が度々聞かれるようになった事もあり、この度、型紙を新たに起こし直し、装いも新たに弊社商品として本格的に「復活」をさせました。


クラッチバッグとしても使いたい、と言う声も多く聞かれる事から、マチを付けたスタイルに仕上げてあります。


マグネットを付けたフタを開くとこのような感じです。(内ポケット付き)


普段、数寄屋袋をお使いの方ならば、

「こんなにもピシっとした仕上がった数寄屋袋があるの?」と驚かれる事と思います。

あるんです!(笑)

何度も型紙を調整し、昔ながらの「ピシっ」とした仕上がりの数寄屋袋を復刻させました。風合いや雰囲気がこれまで以上に上品に仕上がっているので、これまで以上にクラッチバッグとしてもお使い頂きやすいスタイルになっています。

和の世界を気軽に、自分流に楽しんでみるのもオツなもの。

お手持ちの帯地、織物で1本からお作りする事が可能です。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

#商品

最新記事

すべて表示

ご検討を頂き、有難うございました!

弊社がテーマ企業として採択されている、東京ビジネスデザインアワード(TBDA)への応募が去る3日で締め切りとなりました。 応募が始まって以降、TBDAサイトからのアクセスやこれまでとは明らかに違う数の弊社ウェブサイトへのアクセスがあり、これは数多くのデザイナーの方々が弊社に何らかのご興味を持って下さり、ご検討下さった証だと思っています。本当にどうも有難うございました。 弊社が掲げたテーマにご応募下

眞子さんへの伝言

眞子さまが眞子さんになられましたね。 26日のお見送りの際の、 秋篠宮さまや紀子さまのまなざし、 佳子さまとのハグ、 何だか映画を観ているようでした。 お目出たい瞬間なのに、切なくもなりました。 そして、記者発表の際の眞子さんの強いまなざし。 幸せいっぱいのキラキラした会見、と言うよりも、 「強い意志」を改めて公にした場。 本当に圭さんのことが好きで好きでたまらないのだな、と言うことが分かるもので

TAMOTO、日本橋三越にて。

ポケットがわりにお使い頂けるミニバッグ「TAMOTO」。 この度、日本橋三越本店(4階呉服売場)にてお買い求め頂けるようになりました。 このTAMOTOのみならず、 江戸サコッシュも 合切手提げも 引き続き 日本橋三越(4階呉服売場) にて販売中です。 特に「江戸サコッシュ」。 使用するロープがコロナ禍による世界的な物流の停滞の影響で数ヶ月にわたり手に入らず、 店頭在庫が残り僅かなっていたにも関わ