木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

型紙も新たに


これまで制作を担当していた職人が高齢となり、新たな商品を制作する事が困難となってしまっていたアイテムがありました。

お茶会では必須の「懐紙入れ」。その中でも「数寄屋袋」と呼ばれる商品です。

以前はあちこちで、当たり前のように作られていたこの商品も、全般的に職人が高齢化し、また需要の減少と相まって、「作れない」「手に入れづらい」商品となってしまっているのです。百貨店や専門店等で同じスタイル商品を目にする事はありますが、僕らプロの目から見て、「昔ながらの本格的な作りだ!」と思わせるものは正直なところ少なくなって来ていました。

取引先から「まだ数寄屋袋を作れないのか?」と言う声が度々聞かれるようになった事もあり、この度、型紙を新たに起こし直し、装いも新たに弊社商品として本格的に「復活」をさせました。


クラッチバッグとしても使いたい、と言う声も多く聞かれる事から、マチを付けたスタイルに仕上げてあります。


マグネットを付けたフタを開くとこのような感じです。(内ポケット付き)


普段、数寄屋袋をお使いの方ならば、

「こんなにもピシっとした仕上がった数寄屋袋があるの?」と驚かれる事と思います。

あるんです!(笑)

何度も型紙を調整し、昔ながらの「ピシっ」とした仕上がりの数寄屋袋を復刻させました。風合いや雰囲気がこれまで以上に上品に仕上がっているので、これまで以上にクラッチバッグとしてもお使い頂きやすいスタイルになっています。

和の世界を気軽に、自分流に楽しんでみるのもオツなもの。

お手持ちの帯地、織物で1本からお作りする事が可能です。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

#商品

最新記事

すべて表示

がっさいぶくろ

遅くともこの日までには…と言う期日より、 1ヵ月ほど早く仕立て上げる事の出来た「合切袋」を宅配便で発送出来ました。 四代目自らが仕立てた「合切袋」。 今日は、昨日以上にホッと出来ています。 どんな風にディスプレイされて販売されるんだろう… チラッと覗いて見たい気持ちでいっぱいです。 そもそも、実店舗で販売される商品なのかどうか、すら知りませんが… #合切袋

金偏に芳と書いて「かざり」と読みます。

制作のご依頼頂いている「合切袋」。 既に袋部分の縫製を終えていたので、 錺金具屋さんで作られた別注「コキ」を取り付ける作業に没頭した一日でした。 ある工夫をしないと金具が傷だらけになってしまうので、 そうならないように、慎重に「かなくる」作業。 無事に取り付けが終わり達成感で一杯です! 下戸なので、 麦茶をグビっグビっグビっと、 これから一気に飲み干そうと思います。 かんぱ~い!

パターンシートA3判!

柄取りの指定のある合切袋の制作をご依頼頂きました。 写真付きで「ココを使って!」と分かりやすく指示して下さっていて助かるのですが、どうやって切り出すのがベストかなぁと暫し思案。 ネットであたりをつけ、 ユザワヤで実品を確認し、 これがベストだ!と購入したのが、 「パターンシートA3判」と言う商品。 プラスチック製の透けているシートなので、 型紙として使えて超便利。 寸分違わず、スムーズに柄取り出来