木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

「大島紬」のトートバッグ


IMG_2246.JPG

お客様が大事に大事に保管されて来た「大島紬」。体調を崩されて以来、もう長いこと袖を通すこともなく、桐箪笥に仕舞ったままの状態になっていたそうです。「捨てるのは忍びないし、かと言ってもう着れないし・・・普段使いが出来るようなトートバッグを作れないかしら?」とご相談頂いて、このようなバッグにリメイクしました。

とてもモダンなバッグになったなぁ、と言うのが僕の率直な感想なのですが、皆さんはどう思われますか?

母の、祖母の、曾祖母の着物が桐箪笥に仕舞われたままになっているな・・・

成人式の時に作って貰った着物はもう着れないな・・・

そんな方も多くいらっしゃるかと思いますが、こんな形でリメイクする事で新たなスタイルでの着物の楽しみ方が可能になると思います。

いかがですか?思い切ってリメイク。

お手伝いさせて頂きます。 

#商品リメイク

最新記事

すべて表示

どっかで妥協。

弊社でバッグを制作させて頂く場合、1本からでもリクエストにお応え可能です。 1本の場合、コダワリのバッグを作るお手伝いをさせて頂く事が多くなるのですが、 さて、どこまでこだわるかをどこかで見極めなければならなくなるケースも起きてしまいます。 革は1枚単位で手配します。 バッグ1本の制作でも1枚。 取引のある、信頼のおける革屋さんから、バッグ制作に見合う良質な革を分けて頂く際の単位が「1枚〜」で、

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい