木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

僕も同い年

イチロー選手引退。

その報道を目にするにつけ、同い年の彼が紡ぎ出す言葉、それを話す表情に引き込まれ、これもイチロー選手が長く愛され続けて来た理由の一部なんだろうなぁ、と強く感じています。

センスが独特ですよね。

スポーツ分野全般に疎いもので、驚異的な記録的な数字やら数センチ単位で調整されていると言うフォームやら、その精密さ、緻密さをいまいち理解出来ていないのですが、しなやかな動きや姿勢、少年のようないきいきとした楽しそうな表情を目にする度、そんな僕でもイチロー選手の凄さの秘訣はここにあるな、と感じ取る事は出来ています。

若々しい同い年です。

これまでの一連の報道で最も気になっているのは、イチロー選手が先ほどシアトル行きの全日空機に乗り込む際に51番ゲートをくぐってボーディングブリッジを歩いて行く途中でチラリと映った、彼が右手に持っていた白っぽいトートバッグ。

なんか、使いやすそうで、かわいらしいなぁ。

イチロー選手の雰囲気にぴったりでした。

帆布のバッグで、

あるミュージアムのショップでも売っていたバッグだったりしないか?!

などと、勝手な想像を膨らませているところです。完全に職業柄的着目点。ここを見てる人はそうはいないのではないでしょうか。そう言うところにパッと目が行っている自分が、冷静に考えてみるとほんの少し誇らしくも思えています。

意外とちゃんとアンテナ張れてんな。

イチロー選手も僕も45歳。

人生80年時代ゆえ人生折り返したばかりです。

まだまだこれからだぞ〜

バッグ屋の僕は、毎日トレーニングを続ける事はないですが、イチロー選手のように、少年のような輝きをいつまでも持ちつつ、毎日を丁寧に生きて行きたいものです。

ミシンを踏む時は右足から。

検品ブラシをかける時は左から。

そんなルーティンワークも要らないですね。



最新記事

すべて表示

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい

アメ横の景色

仕事の道すがら、久々にアメ横を通り抜けました。 時節柄、これで正解なのでしょうが、予想以上に人が出ていません。あんなに歩きやすいアメ横は初めてでした。 今回ばかりは百貨店各社が拡大解釈をし始めて、営業再開に踏み切ろうとしているのも当然なのかも知れませんね。一部売場だけ営業していても、都内各所がこんな感じじゃ、商売上がったりで共倒れ。しかも国は助けちゃくれません。 今回のことで、潜在的な国力の差を見