木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

バッグ1本から、職人メイドで作ります。

東京・世田谷のハンドバッグ製造卸、有限会社プレジールの四代目、四代目ウメオこと梅澤剛臣です。


昨日(10月21日)、世田谷の、畑なども点在する住宅街の中にひっそりと建つ弊社プレジールの事務所にいらして下さった方は、ご自分でデザインされた織物を「バッグにしたい!」と新幹線に乗って上京され、ハンドバッグの制作をご依頼下さいました。

ネット検索をして弊社プレジールを見つけて下さり、連絡をくださったのは何と1年前。

バッグの型紙をお渡しし、それに合うようにデザインをされた織物を準備され、そして昨日。

ようやく織り上がった「作品」を携えて弊社を訪ねて下さいました。

利休バッグや合切手提げなどの制作をご依頼頂き、「1本単位で本格的な職人メイドの裂地バッグを作ってくれる所が無いから嬉しい!完成が楽しみ!!」とニコニコ顔で帰っていかれました。

早速制作の準備に取り掛かり、約1か月後、この方のお手元に職人が仕立てたバッグをお届け出来る予定です。


弊社は、個人の方がお持ちの思い出の着物や帯地等のみならず、作家の方が手掛られた織物や刺繍、染色などの作品をハンドバッグに加工するお手伝いもさせて頂いております。

発注数「1」から対応させて頂く事が可能です。

お問い合わせはお気軽に、どうぞ。




最新記事

すべて表示

どっかで妥協。

弊社でバッグを制作させて頂く場合、1本からでもリクエストにお応え可能です。 1本の場合、コダワリのバッグを作るお手伝いをさせて頂く事が多くなるのですが、 さて、どこまでこだわるかをどこかで見極めなければならなくなるケースも起きてしまいます。 革は1枚単位で手配します。 バッグ1本の制作でも1枚。 取引のある、信頼のおける革屋さんから、バッグ制作に見合う良質な革を分けて頂く際の単位が「1枚〜」で、

秘書さん

取引先A社の担当の方は、その会社の創業者で、名誉職に就かれています。 ゆえに、秘書の方がいて、 「ご本人から打合せをお願いします」とメールが届いた後、 秘書の方と打合せの日程を相談させて頂くシステムになっています。 秘書の方と打合せの日程の相談をさせて頂くのはこのA社のみで、 そのシステムには若干の緊張感も漂いますが、 その方にお目に掛かれるのが実は、毎回楽しみで、 ファッション界の重鎮であるにも

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。 今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。 弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。 その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じてい