木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

バッグ1本から、職人メイドで作ります。

東京・世田谷のハンドバッグ製造卸、有限会社プレジールの四代目、四代目ウメオこと梅澤剛臣です。


昨日(10月21日)、世田谷の、畑なども点在する住宅街の中にひっそりと建つ弊社プレジールの事務所にいらして下さった方は、ご自分でデザインされた織物を「バッグにしたい!」と新幹線に乗って上京され、ハンドバッグの制作をご依頼下さいました。

ネット検索をして弊社プレジールを見つけて下さり、連絡をくださったのは何と1年前。

バッグの型紙をお渡しし、それに合うようにデザインをされた織物を準備され、そして昨日。

ようやく織り上がった「作品」を携えて弊社を訪ねて下さいました。

利休バッグや合切手提げなどの制作をご依頼頂き、「1本単位で本格的な職人メイドの裂地バッグを作ってくれる所が無いから嬉しい!完成が楽しみ!!」とニコニコ顔で帰っていかれました。

早速制作の準備に取り掛かり、約1か月後、この方のお手元に職人が仕立てたバッグをお届け出来る予定です。


弊社は、個人の方がお持ちの思い出の着物や帯地等のみならず、作家の方が手掛られた織物や刺繍、染色などの作品をハンドバッグに加工するお手伝いもさせて頂いております。

発注数「1」から対応させて頂く事が可能です。

お問い合わせはお気軽に、どうぞ。




最新記事

すべて表示

バカンスって言う響き

LINEが誕生し、 海外に住む友達たちともオンタイムでLINEをし合えるようになったのは凄い進化だ!と、 海外に住む友達とLINEをする度に つくづく感じる今日この頃。 「明日から南イタリアで2回目のバカンス!」と言う友達と昨晩LINEしました。 こっちは県境越えすら控えてね、状態。 国が変わると状況がホントに違う今日この頃でもあります。 県境を越えて、 海に行きたい暑さです。 四代目は、今、伊豆

良くぞ、ご無事で。

7月の帳簿をまとめました。 大変お恥ずかしい話ですが、 7月も「良くぞご無事で…」と言う状況です。 毎月毎月ひっどいもんですが、 毎月毎月、制作のご依頼は頂けているのはとても有難い話です。 皆さん、 これまでの経験にないような大変な状況にあって、 あれこれ悩みながらも色々な取り組みをされているのは同じですからね。 全国的に、過去最多の記録を日々塗り替えていくような状況にあるコロナ。 接種を希望する