木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

それぞれの対応

緊急事態宣言の発令期間が、今日12日から「延長」期間に突入しました。

今日から、休業していた商業施設も一部で営業を開始しましたね。

弊社の商品を置いて下さっている「売場」はまだ休業中なのが残念ではありますが、その百貨店も、地下の食品売り場や化粧品売場等以外の、生活必需品の売場に限定した営業を再開しました。

その営業再開に際しての「解釈」の仕方が、各社の姿勢を表しているようで、とても興味深く感じています。


昨年、第1回目の緊急事態宣言が解除された際、

ある百貨店①は、入口を限定し、入館時に入口で検温と消毒をするエリアを設けていました。

ある百貨店②は、どの入口からも入る事が出来、入館時の検温はなしで、当初は消毒液の設置すらない入口さえもありました。


今回、①の百貨店は、営業再開エリアをある程度、限定しています。

②の百貨店は、ほとんどのエリアで営業を再開しています。


検温や消毒のエリアが設けれられても、陽性者が入店したケースもあったでしょうし、

検温をしていないから、消毒液を設置していなかったから、クラスターが起きたと言う事例もないと思うのですが、

買い物をする立場から見れば、①の百貨店の方が「安心」であるように思え、

当時僕は、敢えて、②の百貨店に行く事を暫く避けていました。


解釈はそれぞれ、経営方針や経営環境等もそれぞれだと思うのですが、僕は、慎重に営業を再開する「姿勢」を示している①のような百貨店にエールを送りたくなります。

そして何より、弊社商品の、売場での販売再開が待ち遠しいです。






最新記事

すべて表示

お役所

ちょっと調べ事があって役所へ行ったのですが、 今や、来庁者を「お客様」と呼ぶんですね。 ちょっと違和感。 その割には、 これまで通り、イメージ通りの お役所的対応で、 そのギャップに益々違和感を感じました。 庁舎を出てから思いっきり深呼吸しましたよ、 マスク越しに。

がっさいぶくろ

遅くともこの日までには…と言う期日より、 1ヵ月ほど早く仕立て上げる事の出来た「合切袋」を宅配便で発送出来ました。 四代目自らが仕立てた「合切袋」。 今日は、昨日以上にホッと出来ています。 どんな風にディスプレイされて販売されるんだろう… チラッと覗いて見たい気持ちでいっぱいです。 そもそも、実店舗で販売される商品なのかどうか、すら知りませんが… #合切袋

だら

25日までに投函しなければならない書類の投函を午後イチで済ませる事が出来て、 ホッとし、 もう今日はだらけてしまおう… と言う気持ちになったのも、 束の間。 納品期日のある商品の制作を進めています。 進めてはいるものの、 正直なところ、 ほんの少し だらけ気味な四代目です。