木製パネル

四代目ウメオの
​縁側日記

​プレジールのことのみならず、趣味のこと、世の中のことなどを様々に、感じたままに気ままに綴っています。さあ、今日も茶でもすすりながら、他愛もない世間話を…

文責:㈲プレジール 四代目ウメオのこと梅澤剛臣

どっかで妥協。

弊社でバッグを制作させて頂く場合、1本からでもリクエストにお応え可能です。

1本の場合、コダワリのバッグを作るお手伝いをさせて頂く事が多くなるのですが、

さて、どこまでこだわるかをどこかで見極めなければならなくなるケースも起きてしまいます。


革は1枚単位で手配します。

バッグ1本の制作でも1枚。

取引のある、信頼のおける革屋さんから、バッグ制作に見合う良質な革を分けて頂く際の単位が「1枚〜」で、

「この革が気に入ったから1/4だけ頂戴!」などと言うリクエストは基本的にはする事が出来ません。


バッグに金具を使用する際は、

1個でも買える、いつでも店頭に並んでいる商品の中から金具を選ぶことが基本となります。

いわゆる定番品となるわけですが、そこから選ばないと、使おうと思っていた金具が売り切れてしまい、一切手に入らなくなった、と言う事態が時節柄、起こりやすくなってしまっているのです。


手に入れる際に困らない材料の中からこだわりの部材を探さなければならない状況が、以前にも増して増えてしまっています。

こだわりのバッグを作る際、細部にまでこだわりたくなるのは当然のことで、こだわり抜きたくなるものなのですが、さて、どこまでを許容範囲としてこだわり抜くかを考える必要が出てくる場合があるのです。

ある程度の妥協が時には必要になってしまう事が心苦しいのですが、

そう言った場合でもこだわりの、世界に一つだけのバッグを作る事は楽しいことです。


アイデアは長いこと持っているのだけど、なかなか実現出来ていない、と言う方もいらっしゃることと思います。

ぜひ、そんな際はプレジールまでお気軽にご相談ください。

https://www.plaisir-bag.com/contact


最新記事

すべて表示

ご検討を頂き、有難うございました!

弊社がテーマ企業として採択されている、東京ビジネスデザインアワード(TBDA)への応募が去る3日で締め切りとなりました。 応募が始まって以降、TBDAサイトからのアクセスやこれまでとは明らかに違う数の弊社ウェブサイトへのアクセスがあり、これは数多くのデザイナーの方々が弊社に何らかのご興味を持って下さり、ご検討下さった証だと思っています。本当にどうも有難うございました。 弊社が掲げたテーマにご応募下

眞子さんへの伝言

眞子さまが眞子さんになられましたね。 26日のお見送りの際の、 秋篠宮さまや紀子さまのまなざし、 佳子さまとのハグ、 何だか映画を観ているようでした。 お目出たい瞬間なのに、切なくもなりました。 そして、記者発表の際の眞子さんの強いまなざし。 幸せいっぱいのキラキラした会見、と言うよりも、 「強い意志」を改めて公にした場。 本当に圭さんのことが好きで好きでたまらないのだな、と言うことが分かるもので

TAMOTO、日本橋三越にて。

ポケットがわりにお使い頂けるミニバッグ「TAMOTO」。 この度、日本橋三越本店(4階呉服売場)にてお買い求め頂けるようになりました。 このTAMOTOのみならず、 江戸サコッシュも 合切手提げも 引き続き 日本橋三越(4階呉服売場) にて販売中です。 特に「江戸サコッシュ」。 使用するロープがコロナ禍による世界的な物流の停滞の影響で数ヶ月にわたり手に入らず、 店頭在庫が残り僅かなっていたにも関わ