■裂地バッグ  

私どもプレジールは日本各地の名だたる織物の着物地や帯地を素材として用いたハンドバッグ作りを得意としています。

和装シーンで多くお使い頂いている「利休バッグ(ほうらいバッグ)」。

​実は、私どもの先代・梅澤保が考え出したスタイルのバッグです。

ソフトな風合いやたくさんの物が入るデザイン、チャックで開け閉めするスタイルは、今や和装バッグの定番スタイルとなっています。

この利休バッグをはじめ、和装バッグの表地に使用する織物は、織物によってその織り上がりにそれぞれの特性や特徴があるものですが、それらを十二分に考慮、検証し、その都度型紙に修正を加えながら、最も良くその「素材」を生かすことの出来る仕事が出来るように責任を持った品物作りを常に心掛けています。

使用する表地のほとんどが高価な上、希少で、唯一無二。絶対に失敗が許されません。

長年にわたり皇族方がお使いになられる和装バッグの制作をご依頼頂いていることも職人たちの誇り、商品のクオリティーの高さの証となっていて、日夜、最高の商品作りに励んでいます。

 

素材の扱い方や型紙の取り方などが異なります。

このため、裂地ハンドバッグの職人は革製ハンドバッグを、革製ハンドバッグの職人は裂地ハンドバッグを、一般的には手掛けることが出来ません。

しかし、私どもの職人は裂地と皮革を合わせたハンドバッグの制作にも対応し、それを得意としています。

これまでは帯地のみを用いた「和装」に合わせてお使い頂くハンドバッグ作りが中心となっていましたが、「和装」のみならず「洋装」にも合わせられるハンドバッグに対するご要望も年々高まっています。帯地と革素材と言った異素材を組み合わせることにより、「和装」にも「洋装」にも合わせる事が出来る、和洋折衷の素晴らしい雰囲気を漂わせるハンドバッグの生産が可能となります。このような新しいスタイルのハンドバッグはお客様からも大変ご好評を頂いております。

 

弊社では、一人の職人が型紙起こし、材料の裁断、縫製まで全ての工程を担当します。

大量生産が可能な工場製商品とは異なり、制作時間もコストも多く掛かるからこそ、よりご満足頂ける、他には無いクオリティーの商品に仕上がるのです。

プレジールに問合せをする

裂地小物

​合切袋など裂地を使用した小物の制作について

合切袋.jpg

ブラックフォーマルバッグ

​ブラックフォーマルバッグの制作について

  • Instagram
  • Pinterestの
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon

ツイッター、ピンタレスト、Facebookページ、Instagram公開中。​フォローお待ちしております。

有限会社プレジール

本社:東京都荒川区東日暮里4-36-7

オフィス:東京都世田谷区桜丘4-17-12

Copyright 🄫有限会社プレジール Plaisir Co.Ltd.All Rights Reserved.