世界に一つだけのバッグをお作りします。

ほうらい(利休)バッグ

ほうらい(利休)バッグ

【持ち手3点どめ利休バッグ】 お茶会などでは一般的な蓬莱(利休)バッグです。大変軽く、チャック開閉式のお使い頂きやすいスタイルで、近ごろでは和装のみならず洋装に合わせてもお使い頂いております。使用する表生地によっても大きくその印象が変わります。

ホースヘア×牛革バッグ

ホースヘア×牛革バッグ

京都・西陣で織られたホースヘアを用いたトートバッグ。表生地にお手持ちの帯地をお使い頂けるほか、裏地にもお好きな生地や帯地を用いてカスタマイズ頂くことも可能です。

帆布×ヨーロッパ製高級牛革バッグ

帆布×ヨーロッパ製高級牛革バッグ

ヨーロッパの有名高級ブランドのバッグにも使用されている高品質な牛革と帆布を組み合わせて作ったバッグです。敢えて帆布を組み合わせる事で見た目にも、重量的にも「軽い」バッグに仕上がっています。帆布の代わりに帯地や織物を使って制作することも可能です。

ホースヘア×牛革トートバッグ

ホースヘア×牛革トートバッグ

京都・西陣で織られたホースヘアを用いたトートバッグです。持ち手やマチには牛革を使用しています。

レザーバッグ

レザーバッグ

ヨーロピアンスタイルの革製ハンドバッグ

西陣織×型押し牛革バッグ

西陣織×型押し牛革バッグ

京都・西陣で織られた織物とオーストリッチの型押しをしたターコイズブルーの牛革を用いたキューブスタイルのハンドバッグです。

ミナレス「合切袋」合切トート

ミナレス「合切袋」合切トート

江戸袋物「合切袋」をアレンジ。トートバッグに仕立てました。

帯地×牛革 道中バッグ

帯地×牛革 道中バッグ

お客様からお預かりした帯地をこのような世界に一つだけのハンドバッグに仕立てました。和装にも洋装にも合わせて様々なシーンでお使い頂いているようです。

ねん金t綴れ×牛革チャック

ねん金t綴れ×牛革チャック

京都・西陣で織られた「ねん金綴れ」に牛革を合わせてハンドバッグに仕立てるとこのような雰囲気に仕上がります。

ホースヘア×牛革 ビジネスバッグ

ホースヘア×牛革 ビジネスバッグ

京都・西陣で織られたホースヘア。牛革と合わせてビジネスバッグに仕立てるとこのようなスタイルになります。

大島紬 トートバッグ

大島紬 トートバッグ

お客様が大切に保管されていた大島紬を「日常で使えるようなバッグ」とのリクエストからトートバッグにリメイクしました。

「一点モノ」を制作致します。

オーダーメイドで、あなただけの、「世界に一つだけのハンドバッグ」を職人がお作りします。

弊社は、着物地や帯地を使ったハンドバッグ制作を得意としており、

例えば、あなたオリジナルの「利休バッグ」もお作りする事が可能です。利休バッグの制作をご希望の方はこちらもご参照下さい。

ほうらい(利休)バッグ
レザーバッグ
牛革×生地トートバッグ
織物生地×牛革トートバッグ
ミナレス「合切袋」合切トート

​世界にひとつだけの商品の制作の進め方

レジールは、利休バッグの誕生に深く、大きく関わっています。

実は、プレジールの創業者である梅澤保が、和装バッグの定番となっている「利休バッグ(ほうらいバッグ)」や「ブラックフォーマルバッグ」を新商品として市場に初めて提案し、生み出しました。
特許も取らず、意匠登録もしなかったため、これらの商品が持つ素晴らしさに気付いた多くの同業者が次々とアレンジ。

なかでも「利休バッグ」は、日本国内で、和装バッグの定番バッグとして、多くの方々にお使い頂く事となりました。

​保の父親、梅澤七三は1938年にパリ万国博に出品され、金牌を受賞したハンドバッグを手掛けた職人でした。

これらが弊社の礎です。

皇室方がお使いになられる和装バッグの制作を弊社の職人が担当させて頂いており、失敗が許されない「一点モノ」を数多く手掛けてさせて頂いていると言う点でも、業界のパイオニアとして、技術や伝統を大切にして来た証となっています。

 

長年にわたり培って来た、弊社の職人たちが持つ「技」を駆使し、

自ら織り上げた織物。

お気に入りの帯地や織物。

着ることのなくなった大切な着物。

付けることのなくなった大切な帯地。

代々受け継いできた思い出の着物や帯地。

様々な裂地(桐箪笥やクローゼット、蔵や倉庫の中で眠り続けている着物や帯地、織物など)をハンドバッグ等にリメイクし、新たなスタイルに生まれ変わらせるお手伝いもさせて頂きます。

プレジールではお客様がお手持ちの着物や帯地、織物をハンドバッグや合切袋に仕立て直す事が可能です。数え切れないほどの「一点もの」を手掛け続けてきた私どもの職人が、お客様のご希望やご要望に合わせたバッグをお作りします。

例えば「形見分け」などの際も是非私どものオーダーメイドサービスをご活用下さい。

あのブランドのあの形のバッグをこの帯地で!」と言ったオーダーも承ります。

思い出の着物や帯地をリメイクし、新たなスタイルであなただけのお洒落を楽しみましょう。

※OEM生産の場合でも1本からお作り出来ます。

 OEM生産に関しては、こちらも合わせてご覧ください。

1.まずは弊社までお問合せ下さい

​ ・メールでも、電話でも、FAXでも、ご都合の良い方法でお問合せ下さい。

2.お打合せ(メールや電話でも可能です。)

 表素材としてお考えの素材とともに、ハンドバッグのデザインなどについてお話しましょう。
​  ※「利休バッグ」の制作をご希望の方はこちら​もご参照下さい。

 ・お客様ご自身でデザインされたバッグ、お客様ご希望のデザインでのバッグ制作も可能です。

3.コストのお知らせ

​ ・素材、デザイン等などの全ての仕様が決まりましたら、おおよそのコストをお知らせします。

4.お支払い確認後、制作作業が始まります。

 ・制作を担当させて頂く職人が型紙を興し型紙を興した職人の工房にて、その職人による商品の制作作業に入ります。

 ・商品の完成は概ね数週間後となります

 

5.完成。

 ・基本的に商品は宅配便にて発送します。

 ・商品がお手元に届いた時点で世界にひとつだけの商品作りは完了です。

プレジールってどんな会社なの?

​どのくらいの価格でバッグを作れるの?

ケース1 ~まずは試しに手提げバッグ~

・お客様の帯地や着物を簡単な手提げバッグにリメイクする場合の制作費

8,000円~(応相談)

ケース2 ~お手持ちの材料で、弊社が制作を得意とするスタイルで~

お客様とじっくり打合せをさせて頂き、弊社が制作を得意とするスタイルをいくつかご提案させて頂きます。

表素材にはお客様がお手持ちの帯地や織物などを主に使用し、プレジールの職人がハンドバッグに仕立て上げます。

合切袋を仕立てる場合の制作費  10,000円~(応相談)

​・利休バッグを仕立てる場合の制作費 20,000円~(応相談)

・ハンドバッグを仕立てる場合の制作費 25,000円~(応相談) 

・口金バッグを仕立てる場合の制作費  45,000円~(弊社所有の口金を使用 応相談)

ケース3 ~お客様好みのバッグ~

お客様とじっくり打合せをさせて頂き、お客様ご希望のデザインで、ご要望通りのハンドバッグをお作りします。

ハンドバッグの表素材にはお客様がお手持ちの帯地や織物などを主に使用させて頂き、その他部材が必要な場合は、弊社プレジールでお手配させて頂く事も可能ですので、ご相談下さい。

・お客様によるデザインのオリジナルハンドバッグを仕立てる場合の制作費 40,000円~(応相談)

 

※刺繍やその下糸の状況により、芯地の貼り付けや接着剤の使用が難しく、リメイクを承れない場合もございます。

まずはお気軽にご相談下さい。

​利休バッグの制作をご検討されているお客様へ。

 

プレジールでは、6種類のサイズで「利休(ほうらい)バッグ」を制作しております。

1.利休バッグ(大) 横28㎝×高さ18㎝×マチ10㎝

2.利休バッグ(大の山びく) 横28㎝×高さ16㎝×マチ10㎝

3.利休バッグ(大の13㎝山) 横28㎝×高さ13㎝×マチ10㎝

4.利休バッグ(大の11㎝山) 横28㎝×高さ11㎝×マチ10㎝

5.利休バッグ(中) 横24㎝×高さ14㎝×マチ10㎝

6.利休バッグ(小) 横21㎝×高さ13㎝×マチ8㎝

柄取りやデザイン等の関係で、上記以外の大きさでの制作をご希望の際は別途対応させて頂きます。

弊社までお気軽にご相談下さい。

※刺繍やその下糸の状況により、芯地の貼り付けや接着剤の使用が難しく、バッグ制作を承れない場合もございます。

その他ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

  • Instagram
  • Pinterestの
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon

ツイッター、ピンタレスト、Facebookページ、Instagram公開中。​フォローお待ちしております。

Positive Off_ENG.JPG

有限会社プレジール

本社:東京都荒川区東日暮里4-36-7

オフィス:東京都世田谷区桜丘4-17-12

🄫有限会社プレジール 

Copyright Plaisir Co.Ltd.All Rights Reserved.

牛革×生地トートバッグ